観客の呼吸を掴む

__ 
実は昔、shelfの作品を拝見した事があります。2009年のC.T.T京都でした。
矢野 
あ、そうなんですか。
__ 
「私たち死んだものが目覚めたら」のワーク・イン・プログレス作品でした。俳優が観客と向き合い、逃げない。そういう非常に緊張感のある作品だったと思います。一体、どのような経緯でそのような姿勢に辿り着いたのでしょうか。
矢野 
小説のような文字表現や、同じハコ型の(芸術)鑑賞施設である美術館や博物館と違う最大の点は、二人以上の多人数がいて、見る人と見られる人があって、そして一定時間をそこで過ごすということなのだと思うのです。であれば、そのことの何がいちばん面白いのかな、と。昔、札幌で学生していた頃、「キューブ」という映画をミニシアターで見たんです。お客さんは少なくって満員で50人ぐらい。みんな固唾を飲んで見ているんですが、それが、つまり呼吸とか皮膚感覚とかを共有する感じが凄く面白くて。緊張を強いられるシーンでは、皆が皆、息を潜めて。劇場って、そういうモノだと思うんです。
__ 
人が集まって、固唾を飲んでいる場所。
矢野 
だから僕はよく俳優に「先ず、観客の呼吸を支配してくれ」と言うんです。それは何も緊張感のあるシーンに限った話でなくて、例えば観客がどっと笑う。そのときに起こっていることというのは観客が全員、笑う直前に同時に息を吸っている間があるんですよ。そして同じタイミングで笑う=息を吐いている。客席で笑いがうねるということはそういうことなんでしょうね。大きな劇場でお客さんが一人しかいない、その状態は果たして面白いのか? 花火会場に行って、一人で花火を見たら楽しいのか? <場>を共有することで人と人との間で生まれる何かが劇場には、ある。それを最大限に引き出したいというのはありますね。だから、芝居の幕開けなんかでも俳優がまず最初の台詞を喋る、その発語のタイミングは基本的に俳優に任せているんですね、今は。昔は秒数で切ってたりもしたんですけど。
__ 
・・・。
矢野 
基本的に観客は、楽しもうとして劇場に来てくれている。だから、一番最初の時間が一番期待が膨らんでいる筈だと。その会場の全員の期待感や想像力がいい按配になったときにスッと言葉を差し出したら、きちんとそこから交流が始まるんじゃないかと思う。発語のタイミングが早過ぎるとお客さんが着いていけなくて戸惑っちゃうし、遅すぎると「まだ?」ってなってしまう。そのキワを攻めたいんですね。だから、その為の、<場>の呼吸を把握するための稽古を相当しています。今度ノルウェーに行くイプセンの「幽霊」、初演は2006年なんですけど、主演の川渕優子の冒頭のセリフが戯曲のト書きなんです。「イプセン 幽霊 三幕の家庭劇。」その発語の「イ」の稽古に2週間近く掛けた事があります。「違う」と言い続けて、周りの俳優が呆れちゃって。「こだわりたいところなのは分かるけど、取り敢えずちょっと先に進めてみようよ」って。当時の僕は、まだ今のような言葉も技術もなかったし、だから何が違うのかきちんと説明出来なかったんですけど、それでもそれは違う、と思ってたんですね。余談ですが、芝居を見に行くとだいたい最初の5分程度で、その芝居が面白いかどうかって分かるんですよ。うーん・・・と思ったのが、後から面白くなる事は殆どないんですよ。
__ 
観客の最初の印象って物凄く正確ですからね。開幕直後の観客の視線は、事件を出来るだけ早く理解するために、必然的に膨大な情報を取り込み、全く意識せずとも細かい部分を評定し、価値を判断しています。疲れも先入観もない、暗転の一瞬だけだけど社会と隔絶してコンテキストから切り離されるし、新しい世界を見るという立場上第六感も備えているんですよね。
矢野 
演出家的には、お客さんが一番期待してくれている瞬間に、期待に沿って、あるいはそれを裏切って、という心のやり取りで相手の心を掴まなければ、後はみんなだいたい引いていくだけなんですよね。
__ 
心を掴む。そこが今日一番話したかったことです。

タグ: 観客の呼吸 それを揺らしてはいけない リアルに相対し戦慄する 事件性のある俳優 見えないぐらい濃い交流 オーガナイザーの企み 舞台が始まる直前の緊張感


まわりくどい冒険

__ 
今回、チェーホフ原作「結婚申込」を選んだのは?
大石 
何をやろうか考えている時に、オニールの短編を読んでみたんですが、その、強度が強すぎてどうしようもないなと。それを25分で上演するのはとても難しいし、しかし崩すことも出来ないなと。チェーホフの作品はいい意味で軽いし、くだらなさというところもあって。短編の中で、コンパクトで短い点に惹かれたんです。話がまとまって崩されてを繰り返す構成で、僕のやりたい作り方が出来そうだと。
__ 
実際やってみて、いかがでしたか。本日の上演を経て。
大石 
僕は面白いと思ってたんですけど、実際はどうか分からなくて。でもフタを開けてみると温かく迎えて頂けました。
__ 
出演されている方々の表情に、お客さんが乗っていけてる感じがありましたね。
大石 
そうですね。始まる前に音響でインターナショナルが鳴って、照明が付いたら肥後橋さんが腕立て伏せをしてる。そこでいかに古典戯曲とされる作品への緊張感をほぐせるか。割と狙い通り出来たんじゃないかなと思います。
__ 
なぜ身構えるのかと言うと、単に海外の言葉遣いだけじゃなく、常識や間合いの取り方を受け入れるのに抵抗があるだけでしょうね。逆に、日本の常識内の対人的な間合いやリズムで書かれたら、物語の舞台が海外のどこであろうと平気ですから。
大石 
前回公演の「ロング・クリスマス・ディナー」の時にそれを感じましたね。アメリカの近現代戯曲なんですが、向こうの人たちがばさっと言い切るような台詞を僕ら日本人は感情を組み立ててお互いの反応を見ながらさぐり合って会話するんですよね。今回はまわりくどさを逆手に取って面白さにする、みたいなのも狙っていました。結果はどうだったのかは、また別の話ですが。

タグ: 日本人の美意識 舞台が始まる直前の緊張感 翻訳劇の口語問題


意気込まない力

__ 
西分さんが舞台で好きな瞬間はどんな時ですか?
西分 
やってる間はアドレナリンが出まくってるからか、一瞬で終わっていく感じですね。無心になってます。でも、始まる前と終わる前が好きですね。
__ 
というと。
西分 
袖中からお客さんの声が聞こえる、いよいよ始まる瞬間。みんなの集中がガッと高まる、血がひいていく感じ。と、終わって聞こえる拍手もそうだし。一気に温度が変わるように思うんですね。
__ 
つまり、舞台に立つのが好きなんですね。
西分 
好きですね。でも私、始まる前はものすごい緊張するんですよ。一人でオエオエ言ってます。でもやるしかない状況になって、それがちょっとでも認めて貰える事が嬉しいですね。
__ 
なるほど。壱劇屋の本番が始まる前の、出演者の方々の心境を想像したんですが、ちょっと独特なものがありますよね。普通は稽古場で飽きるほど同じ演技やパフォーマンスを研鑽して、それをようやく上演するのに、壱劇屋は、舞台上でやることの手はずが整っているだけの抜き身の状態で行くんですね。それは良い効果が出てると思うんですけど。
西分 
ヨソやったら、一人一人集中する時間があると思うんですよね。ウチは、何も不安がないというぐらい練習している訳ではないからか、本番前も割と全員で喋っているんですよ。変にピリッと感が生まれにくいですね。始まる前とは思えないテンションでヘラヘラしてますね。集中してる人もいますけど。もうすぐ始まってから出番の間にご飯食べる人もいますね。
__ 
素晴らしい。
西分 
絶対失敗したらあかんぞとか、稽古通りにやらなアカンとかいう意気込みはあんまりないですね。なるようになるし、ならなかったら何とかせなあかんし。家族より一緒にいるので、変な意味で全員対等なので。
__ 
そういう雰囲気は動画日記からも伝わりますね。
西分 
あれは大丈夫なのかと思いながらやってます(笑う)ホンマに酷い回も、そこそこおもろい回もあるんですよね。でも、人となりを知って貰えたらと思いますね。すごい量なので。

タグ: アドレナリン 拍手についてのイシュー 舞台が始まる直前の緊張感


MCを置いたワケ

__ 
一番最初に、イベントとしてのリンクスをされる事になったのはどのような経緯が。
石田 
カン劇cock-pitの松本大志郎さんがイベントをやりたいと仰っていて、「どこか劇団を紹介してほしい」と言われました。当時年間200本ぐらい観てたし、僕もこんな調子だから知り合いはいたので。どんなイベントをしようか?という話になったんです。リンクスというネーミングもその時出しました。で、最初に漠然とした音楽のブッキングイベントの演劇版というものに辿り着き、気がつけば続々とそうそうたる劇団さんが出演を引き受けて下さいました。カン劇cock-pitさん、超人予備校さん、ego-rockさん、コメディユニット磯川家さん、えるきゅーぶさん。それになんと、ステージタイガーさん(元 特攻舞台Baku-団)の旗揚げ公演もそのイベントに出てくれたんですよ。
__ 
そうした経緯があったんですね。
石田 
松本さんも作品を作らないといけないので、実質動いているのは僕だけという状態になって。もう何も分からない状態でした。周りの方に沢山教えて頂いてようやく開催できたんです。
__ 
それは石田さんの人徳でしょうね。そして、だからこそ他のショーケースイベントとはノリが違う。
石田 
実は、それまで他の演劇のショーケースを知らなかったんですよ。でも実は東京には昔から長く続けられているものがあったり、大阪にもあったり。もちろん見に行ったんですが、実はもうひとつ・・・だったんですね。というのは、始まる前にブザーが鳴って、団体の名前が出て、上演されて、またブザーが鳴ってという繰り返しで、作品は面白かったのに、僕は退屈を感じたんです。
__ 
分かります。
石田 
LINX'Sは間にMCを置いていました。それはそれで空気を壊すと不評の声もあります。ただ僕は、さっきまで上演されていた作品を消化する時間を共有出来ないかと思ったんです。どんな思いで作ったの?とか、シーンの意味とか、作品をもっと深く知ってもらう為の時間を持ちたかったんですよね。

タグ: イベントの立ち上げ ショーケース 舞台が始まる直前の緊張感