役者と空気感

__ 
役者として、最近のテーマはなんですか。
芝原 
(今回は)割と自分の中にある感情でやっていますね。リアルさとか生々しさを意識しています。そっち系です。
__ 
最近よく考えているんですが、役をリアルに演じる時も、やっぱり見世物にしないといけないですよね。
芝原 
そうですね、例えば、ささやくという演出が付いていても、(その声が)客席に届かなかったら意味がなかったり。劇場に入らないと分からない事も沢山あるので、早く劇場入りしたいです。
__ 
そうですね。そこでしか確認出来ないことはありますよね。その、リアルな人間か・・・難しいですよね。普通の日常会話で、細かい言い方をリアルタイムで内省したり検証したりって、実は難しい事ではない(何故かは知らないけど)。でもそれが演劇になると途端に難しくなる。相手がどう受け止めるかを考えて決めないといけないから。
芝原 
その場の空気を作るのが役者のお仕事なんじゃないかな。
__ 
劇場の空気感みたいな事ですかね。
芝原 
そうですかね。

タグ: 舞台にいる瞬間 見世物 美しい1ミリ


___ 
芝居を始めたキッカケを教えてください。
肥後橋 
高校生の時のクラス演劇がキッカケです。その時期、休み時間になると廊下には必ずと言っていいほどどこかのクラスの女の子が泣いてたり揉めたりするんですよ。それぐらい熱くなる。
___ 
へえ。
肥後橋 
みんなで一つの事をやるって面白いなあと思って、大学でも演劇をやろうと思っていたんです。その当時、クラスに大学生の講師が来て下さったりして。福田恵さんという。
___ 
ああ、福田さんが講師の時代ですか。その時代、福田さんにインタビューしてますからね
肥後橋 
それから高校3年の時にNFに出させてもらったのが、京都での初舞台でした。
___ 
役者としての肥後橋さんが面白いですよね。勢いのある人で、顔芸も凄い面白いのに、内面を表現する芝居をふとした時にされると意外性とともにいとおしくなる感じ。肥後橋さんは、いつか、どんな演技が出来るようになりたいですか?
肥後橋 
僕、よく顔芸だよねって言われるんですよ。あまり意識はしていないんですけど。その、あまりセリフは得意ではないかもしれません。
___ 
ええ。
肥後橋 
セリフが減って悲しむ役者もいるんですが、僕はあまりそういう事もなく。セリフじゃない部分が好きですね、ノンバーバルの一人劇とかしてみたいなと思います。
___ 
IN SITU大石さんが「理想としては、役者の小さい動きだけで全ての意味が変わるような、人物の心の動きが全て分かるようなそんなシーンがしたい」と言ってましたね。
肥後橋 
gateで彼の芝居に出た時、共感する事が多かったです。まあ、細かい動きまでは覚えられないですけど(笑う)。役者をやってて一番影響を受けた事件があって、nono&liliの「カラのウラのソラ」という作品で伊藤えん魔さんと共演した事があるんです。
___ 
ありましたね!
肥後橋 
ゲネが終わった後で、めっちゃ怒られたんですよ。「お前舐めてるのか」「表出ろ」って。僕も若僧だったんでイラっとしてしまって「はあスミマセン」って感じだったんですけど懇々と言われている内にかき立てられたというか。居残って、最後のシーンの稽古を付けてもらったりして。
___ 
素晴らしい、というか羨ましい。
肥後橋 
その時の影響が今でもあります。「ソウルだ、ソウルを持て」と言われました。で、1ステが終わった後、再前列のお客さんが泣いてたんですよ。
___ 
おお!
肥後橋 
終わった後、「おう、ちゃんとやって良かったな」と言われまして。裏で握手しました。その時の経験は財産です。感情を大切に、そこを始まりにして演技する事。えん魔さんにバチバチ怒られながら、「もっとだ、もっと震えろ」と言われながら最後の稽古をしたのが大きいです。
IN SITU
ラテン語で「あるべき場所」という意味で、イン・サイチュと読む。大石達起が、劇団ケッペキ卒団後に自らの新たな表現の場として立ち上げる。主に近代の海外戯曲を上演し、そこに描かれた普遍的な人間の生活、人と人との繋がりを現代に復活させる事で演劇の、あるいは自分自身の「あるべき場所」を追求する。(こりっちより)
nono&lili.
京都を拠点に活動する劇団。
nono&lili,『カラのウラのソラ -弁慶の泣きどころ-』
公演時期:2010/11/26~28。会場:間座スタジオ。

タグ: 自分を変えた、あの舞台 「核心に迫る」 いつか、こんな演技が出来たら 伊藤えん魔さん 美しい1ミリ


美しい1ミリのために

__ 
いつか、どんな作品を作りたいですか?
大石 
いつも思っていて、でも中々出来ないのですが・・・小手先の面白さや見た目の派手さじゃなくて、人間関係の心の機微で、重厚な時間を作れたらいいなと思いますね。物語を見せるのに、派手な機構は必要じゃなくて。人間の会話の中で話される事や、裏の心の動きの変化で、描けたらいいなと思うんです。
__ 
少しの変化を鮮やかに描く。
大石 
暗い作品、何も起こらない作品をやりたいという事ではないんです。派手な作品は好きなんです。その一方で、小さくて微妙な変化が生きてくるような、そんな演技の積み重ねがある芝居が出来たらいいなあと。小さな変化が大きな事件になるような。凄くこう、芝居の転換を作る時に分かりやすく作ってしまいがちなんですけど、その描写ひとつでお客さんがはっとするような、それに耐えうる時間作り、芝居作りがしたいんですね。
__ 
きっと、そこに持っていく為にはお客さんの集中力を高め続ける必要があると思うんですよ。個人的な経験として、見入っていたと感じる作品に出会うと、自分の思想も影響されるような感覚がある。そういう重力を持つ作品が生まれればいいですね。

タグ: 事件性のある俳優 美しい1ミリ