部室さんとBOXくん

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。最近、木下さんはどんな感じでしょうか。
木下 
今は仕事をしながら芝居をやっているので、バタバタしています。最近は「部室さんとBOXくん」の準備ですね。
__ 
あ、そうなんですね。そういえば、短冊ストライプは遠距離劇団だそうですが。
木下 
そうなんです、相方のごまみんとは北海道に行ってしまいまして。でも、毎朝skypeでやり取りしながらお互い動いてますね。
__ 
心が離れたり、とかは無いんですか?
木下 
これが3人以上ならぼっちみたいになったのかもしれないですけどね。二人の腐れ縁だからこそ、長い事出来るのかもしれません。劇団員やお手伝いは常に募集はしてるんですけどね。コンビやと周知されているんですかね。
短冊ストライプ
短冊ストライプは、ごまみんとと木下健による演劇企画ユニット。ごまみんとの企画により2006年夏から公演の度にメンバーを集めていたが、2010年4月にユニットとして再編成。目的のために演劇をするのではなく、演劇を手段として活用し、人と人が出会う場を提供する。仕事も本気、芝居も本気、世の中のこれからを考えながら活動中。(公式サイトより)
部室さんとBOXくん
公演時期:2015/5/16。会場:大阪中津 Live house Vi-code。

タグ: 相方


飴玉エレナ、月面クロワッサン、子供鉅人

__ 
山西さんが演劇を始めた経緯を教えてください。
山西 
大学で喜劇研究会というサークルに入りまして。そこから始まって、コンビでお笑いの舞台に立つようになったんですけど、相方が辞めてしまって、ピンでコントをするようになって。そしたら徐々に、演じることと言うか舞台に立つことだけを集中してやってみたいと思うようになりまして。その頃、「知り合いに演劇をやってみたら?」と言われたんです。
__ 
なるほど。
山西 
その時は演劇の知り合いは全くいなかったので、一人でもできる!ということで最初は一人芝居から入りました。
__ 
それが飴玉エレナ、ですね。それから月面クロワッサン、子供鉅人と短い時間に渡り歩いてますね。
山西 
そうですね、よく言われます(笑う)

タグ: 今の作品に集中する 入団の経緯 相方


BRDG

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。お話するのはほとんど初めてですね。最初に山口さんの作品を出演を拝見したのはBRDGの第一回公演「ハシ×ワタシ」ですね。
山口 
2011年ですよね。今年上演した「TEA×HOUSE」も見て頂いて、ありがとうございます。実はその間にも、ダンスのイベント公演等にBRDGとしても、個人的にも参加しているんです。凄くスローなペースなんですけど。
__ 
なるほど。BRDGは、山口さんと制作者の川那辺さんの二人なんですよね。
山口 
はい。ただ、私は色んな所に出演したりだとか依頼される時にはBRDGという名前は出していないんですよ。BRDGは組織の名前じゃなくて、私が所有しているものでもなくあってほしいなと思っています。表現活動って一人じゃ中々出来ないけど、その時のために場があれば。私と川那辺さんと、さらには周りの人が、「BRDGは使える場所のようなもの」だと、そんなふうに思ってもらえるように成って行ければと思っています。
BRDG
BRDG(ブリッジ)は演出・俳優の山口惠子と、舞台制作の川那辺香乃が2011年に立ち上げたユニット。BRDGはお互いが主体となり、作品や企画を生み出す場のこと。(公式サイトより)
BRDG企画公演「ハシ×ワタシ」
公演時期:2011/12/2~4。会場:ロクソドンタブラック。

タグ: 相方


劇団内自立

___ 
佐々木さんは、努力クラブにあってどんな存在でいたいと思われますか?
佐々木 
合田くんとは全然別の存在でいたいと思いますね。相方ではあるんですけど、仲は全く良くないので、それが団体としてはしんどいところです。が、ある程度距離は取れてはいるんですけど。
___ 
なるほど。
佐々木 
普通に、合田団地・佐々木俊一と自立していたいですね。その上でお互い、リスペクトしていられたら。柿喰う客みたいですね。
___ 
おお、柿は確かにそういう関係性だそうですね。

タグ: 私の劇団について 相方


袋小路に陥る?

__ 
どんなシーンが苦労されました?
松葉 
やっぱり、夫婦が教会の中で***するシーンですね。それが終わって、妹の悩みを聞くシーンもそうでした。マキタさんの思い描いているふうには見えないって、厳しく言われました。
__ 
夫婦の***、ありましたね。
松葉 
相方ははらぺこペンギン!の立浪君だったんですけど、試行錯誤の連続で。
__ 
試行錯誤?
松葉 
そのシーンはなかなかOKが出なかったんです。立浪くんが色々案を出してくれて、助かりました。私は一つの演技を突き詰めるタイプなので、そういう場合袋小路に陥るんですよね。
__ 
なるほど。今後の課題なんですね。
松葉 
もうちょっと、エンジン掛かるのが早い役者になりたいですね。特に今回は、相手役の人がアイデアをポンポン出してくれたので、自分は怠けてたんじゃないかと思っていました。相手役の人とちゃんと話しあって、自分の胸の内を話さないとって。とにかく今後も、応援してくれている人に応えられる演技をしたいと思います。
はらぺこペンギン!
2002年、早稲田大学演劇倶楽部を母体に旗揚げ。以降年2本のペースで本公演を行う。2004年12月、日本演出者協会主催「若手演出家コンクール」優秀賞受賞。その作品世界では、「家族」「故郷」などをテーマに、登場人物の心情をリアルに、かつドラマティックに描くことにより、「現代にはなくなってしまった何か」を浮かび上がらせている。(公式サイト・プロフィールより

タグ: 相方


vol.154 松葉 祥子

フリー・その他。

2010/春
この人のインタビューページへ
松葉

ウルフさんの最近

___ 
今日はどうぞ、宜しくお願い致します。最近はいかがですか。
ウルフ 
最近、相方のMr.Xが、メッセンジャー黒田さんの運転手になりました。
___ 
おめでとうございます・・・でいいんでしょうか(笑う)。ウルフさんのご近況は。
ウルフ 
僕はこの企画ですね。
___ 
劇団MaYuMiですね。今日は、この企画について伺って行ければと思います。

タグ: 相方