京都学生演劇祭2014

__ 
さて、京都学生演劇祭について。沢さんが第一回から立ち上げ・企画・プロデューサーをされていますね。今年八月には、四回目となる京都学生演劇祭2014を開催されるという事で。まずは、現在の所感を頂けますでしょうか。
沢  
そうですね。四年目にして、やっと目指すべきところが見えてきたかなと。プロデューサーとして、京都以外にも活動の幅を広げようと全国の学生演劇に携わる方々と交流を行っておりまして。来年にはついに、学生演劇祭の全国バージョンを企画しようと考えています。第一回は2016年の三月あたり。
__ 
素晴らしい。事業になりつつあるんですね。
沢  
その1年前の2015年3月に、準備として、第0回を開催しようと考えています。全国の学生演劇のメンバーと、どういう企画にするのか話し合おうと画策しています。具体的には、各地によって上演スタイルが違うので、例えばどんな上演形態にするのか・賞の設定をするのか・参加資格にするのか、とかを話し合おうと思っていますね。
京都学生演劇祭2014
4回目を迎える京都学生演劇祭。総勢15の学生劇団が、元・立誠小学校に集結。上映時間45分のリレー形式で公演を行います。参加団体の頂点となる「京都学生演劇祭賞」は観客投票で決定され、選出された劇団には10万円の賞金が贈られます。ジャンルを問わず繰り広げられる学生の熱演。夏の京都をさらに熱くします! 公演時期:2014/8/30~9/5。会場:元・立誠小学校。
全国学生演劇祭(仮称)
地方文化の発展、青少年期の主体性の獲得、そして全国的な学生演劇のネットワーク構築を目的とする、全国規模の学生演劇祭。2015年3月に「第0回全国学生演劇祭」を実施し、各地域毎の推薦団体の上演と討論会によって、2016年から開始する全国学生演劇祭(仮称)をどのようなものにするかを決定していく。(公式サイトより)

タグ: 京都の学生演劇 学生劇団と私


わたしの登竜門

__ 
九鬼さんが俳優として参加した作品、努力クラブ弱男ユニット「夕凪アナキズム」を拝見しました。どれも大変面白かったです。演劇を始めたのはどのような経緯があったのでしょうか。
九鬼 
高校演劇から始めて、龍谷大学時代に劇団未踏座に入りました。でも、未踏座時代に得た事を全然生かせてないんですよね。
__ 
というと。
九鬼 
未踏座から努力クラブの旗揚げにひょいっと呼ばれて、だから大学時代と隔絶していると思います。後輩に見に来てって言えないですね。
__ 
大学時代はどのような作品を。
九鬼 
皆やりたいものを持ち寄ってだったので、色々でした。団員の創作脚本だったり、古城十忍とか、鴻上尚史とか、キャラメルボックスとか、ですかね。あと、三回生の時に初めて演出をさせてもらったんです。漫画原作の、「鈴木先生」っていう。
__ 
あ、ドラマ化された?
九鬼 
そうなんですよ。ドラマ化されて映画化されたので・・・
__ 
凄いですね。始めて実写化したのは我々だと。
九鬼 
いえそこまではおこがましくて言えないんですけど(笑)。今でも原作者の方とは交流があります。
__ 
おお・・・
九鬼 
先生、優しい人なんですよ。私は六巻の内容をメインに舞台用に再構成しました。でも長編ですから、四巻からの伏線が六巻で昇華されたりしていて。なんとか、そこの辻褄が合うように、何人かのキャラクターを一人の人物にまとめたり、メインキャラクターを思い切ってカットしたり。今思うとかなり乱暴なことをしてしまいました。原作者の方に本番をご覧頂けて、「自分も六巻だけを読み切りで描くならば、こういうやり方をしたかもしれないね」と言ってもらったんですよ。先生、優しいからお世辞かもしれないですけど。それが凄くありがたかったです。
__ 
パロディというか、茶化しましたか?
九鬼 
茶化したつもりはないですね。その時なりに、真剣だったかも。未踏座時代は、卒業してからも演劇を続けようという気持ちは無かったんです。未踏座の活動でストレスがたまると漫画を買って発散するような日々で。だから、普通に、働いて、みたいな、そういう生き方をしようとしていたんですけど、「鈴木先生」をやって、こんなに楽しい思いが出来るなら、またしたいなって。でも、学生劇団時代、最後の最後で私は卒業公演には出られなかったんですよ。悔しかったです。
__ 
悔しかった。
九鬼 
卒業公演は演出補に回りました。演出補って難しいですね。私の話なんて聞いてくれない役者もいましたし。役者落ちした人の話なんて聞かないですもんね。役者に、「それは違うんじゃないの」って逆ダメ出しされたりしましたね。今思うと、落ちた理由もなんとなく想像つくっていうか、納得できるんですけど。あの時はただただ、後輩に対して恥ずかしかった。卒業公演で役に立つって、卒業しても続けててもいい最低条件みたいなものじゃないですかね。いつか演出をする為の修行として、役者がしたいなと思っていた所に合田君が声を掛けてくれて。それ以降、努力クラブには旗揚げから参加しています。舞台上で緊張したり、集中できてなかったりすることを、むしろ良いって言ってくれる、大事な劇団です。
「夕凪アナキズム」
公演時期:2013/1/25~28。会場:元・立誠小学校 音楽室。
未踏座
龍谷大学の公認サークル劇団。
「鈴木先生」
漫画作品を原作に未踏座にて演劇化。原作者の方による当時の観劇感想はこちら

タグ: 道具としての俳優 俳優の「素」を生かす オーディション 自分を変えた、あの舞台 人脈を繋げる 伝説的な公演 学生劇団と私