質問 夢子オンデマンドさんから 松下 あゆみさんへ

__ 
前回インタビューさせていただいた、夢子オンデマンドさんから質問です。「演技する上で心がけている事はなんですか?」
松下 
えー。なんでしょう。月並みな事しか言えないかも。
__ 
たしか公式HPには、松下さんはスタニスラフスキー信者だと書いてますね。
松下 
あれ勝手に書いてるんですよ、もうー。スタニスラフスキーは高校の頃から勉強していて。でも毎日やってる訳じゃないんで信者とか言われても。
__ 
例えば、「おしゃれな炎上」の時は肉屋の娘役でしたね。実父にレイプされて家出する・・・
松下 
「おしゃれな炎上」は反省点が多くて。まず、私と父役の子は家族になれてたのかなと。そういう部分をきちんと自分の中で考えておくのはもちろん大事なんですけど、それは舞台上では忘れないといけないのかなと。舞台上で役の設定を考えてしまうと、見られているという自意識みたいなものが、役である事に影響を与えてしまうのかなと。
__ 
忘れた方がいい?
松下 
そうですね、私・松下あゆみという役があるとしたら、私を演じる役者さんはその役(22歳女)の全ての蓄積を意識するとは思えないんですよね。これまでに過ごしてきた蓄積や時間によって仕草や言葉が生まれるんですけど、でも、そういう仕草や言葉を、例じゃない私松下あゆみが意識しているかというとそうじゃないんです。でも私を演じる役者さんは意識しないといけないんですけど、舞台にあがった時にまで意識しているかというと、していたとしてもそれはその役者さんの蓄積や意識なんですよ。
__ 
役者本体と役者の役作りは漸近するけれど条件的に重ならない、ということ?
松下 
役作りした上で、それぞれの意識を深く見れるようにしたいんですよ。どうしたらいいですか?
__ 
スタニスラフスキーはどういうアプローチをしたんですか?
松下 
善人を演じるには、その人物の悪人の部分を見つけろ、って書いてて。でも、簡単に結論を急ごうとは思ってません。スタニスラフスキーは膨大なシステムなんですけど、長い時間に渡って考えが変わっていった部分もあるんです。私、勉強が終わるまでは結論を出さないようにしておこうと思います。

タグ: 演技の理解、その可能性 舞台にいる瞬間 反省Lv.4 家出についてのイシュー 役作り=個人を通した視界 見られている事を意識する


頭が言葉を迎えにいく

__ 
九鬼さんは演劇を続けようかどうかでとても悩んでいるそうですね。
九鬼 
努力クラブに入るかどうかですごく悩んでいるんですよ。旗揚げ公演から関わっていて、入るなら努力クラブなんだろうなと思うんですが。ここに載る時も、所属に努力クラブって書いて欲しい気もしたり。まあ入ってなくても出てますからね。何だか結婚する前に同棲を始めたカップルみたい。入籍するきっかけがなかなか。
__ 
演劇を続けているのは、どういう思いがありますか?
九鬼 
いつか演出をしてみたいから、かな。そのための役者修行が4年くらい続いてますけど。
__ 
いつか、どんな演技が出来たらいいと思いますか?
九鬼 
うーん。声が大きくて頑張ってる役者さんがいたとして、でも台詞が全然頭に入ってこない場合があると思うんです。逆に、小さい声量でも耳が自然と言葉を追う事があって。それは何でだろうと思うんですよ。役者さん本体の力なのかもしれないですけど。お客さんが、無理せず台詞を聞き取れる役者になりたいですね。
__ 
一つの側面として、役作りというのはあるかもしれませんね。俳優として立っている人間の言葉と、彼が演じている役の経験の重みが一致している時にその台詞が言えてる、という。
九鬼 
なるほど。
__ 
その「言えてる」はガラスの仮面でよく出てきますが、主観的な指標なので判断しづらいんですけどね。しかも演技ってそれで価値を持つ訳じゃないし。
九鬼 
そうなんですよね。役者だけが頑張っても、全体の演出がそれを生かせてないと意味がないし。
努力クラブに入ろうか迷っている
後日、入団されたそうです。おめでとうございます。

タグ: 俳優と遺伝子 ガラスの仮面 いつか、こんな演技が出来たら 声が出せるように 役作り=個人を通した視界