受賞した作品が来年ようやく上演される日々

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い申し上げます。最近、芝原さんはどんな感じでしょうか。
芝原 
最近は何かと舞台に立つ機会が連続してて、楽しくやらせてもらっています。去年に私、「日本の劇」戯曲賞をとったんですけど、それが来年三月に上演されるので、その打ち合わせをしたりしています。ちょっと、楽しい日々を過ごしてます。
__ 
素晴らしい。スペシャルな日々という事ですね。
芝原 
ですね。
__ 
その受賞した作品が、「マッシュ・ホール」ですね。上演されるんですね。
芝原 
(上演)まだ先ですけど。やっとか!っていう感じです。こんな感じで(自分が書いた戯曲が上演されるのが)続けばいいんですけどね。
匿名劇壇
2011年5月、近畿大学の学生らで結成。旗揚げ公演「HYBRID ITEM」を上演。その後、大阪を中心に9名で活動中。メタフィクションを得意とする。作風はコメディでもコントでもなく、ジョーク。いつでも「なんちゃって」と言える低体温演劇を作る劇団である。2013年、space×drama2013にて優秀劇団に選出。(公式サイトより)

タグ: 匿名劇壇のおこり


匿名劇壇のふわっとしたスタートライン

__ 
匿名劇壇の旗揚げの事を教えて下さい。
芝原 
ふわっと始まった感じですね。上級生が下級生に実際に舞台をつくってスタッフワークを教える勉強会があるんですけど、福谷が作・演出に立候補して、「The Egg」っていうのをやったんです。で、その時役者として声をかけられてて、その後そのメンバーで「HYBRID ITEM」をやって、その時から東が入ってきて、それから3人ぐらいふわっと入ってきて。いつの間にか匿名劇壇ができてて、みたいな感じじゃないですかね。
__ 
匿名劇壇の、何に興味がありますね。
芝原 
割と、王道ルートに乗っているらしいので、どうなるかなと。
__ 
素晴らしい。いや、やりたい思いのままに芝居を初めて、胸を張って続けていったらいいと思うんですよ。これから本格的な不景気が始まるので、演劇人口は減少するでしょうし、その分椅子が空くはずだし。
芝原 
いや演劇をしようとする人はいくらでもいると思いますよ。内々に溜めたものを伝えたい!って。これに関しては演劇に限らず、色んな形で。
__ 
表現者に景気は関係ない。
芝原 
(予算とか、)多少は関係ありますけどね。そうだと思います。
匿名劇壇 旗揚げ公演「HYBRID ITEM」
公演時期:2011年5月。会場:近畿大学アート館。

タグ: 匿名劇壇のおこり


近畿大学から始まる

__ 
東さんが演劇を始めた経緯を教えて下さい。
東  
後期で近畿大学に受かって、そこからです。元々舞台に立つのが好きだったんですが、演劇がやりたいと思っていたわけじゃないんです。親がとりあえず4年制大学は出ておけと。その上で、自分のやりたい事は何だろうと悩んでました。進路を決める時期に近畿大学を知って、そこに。高校がジャズダンス部だったので、その流れで舞台専攻、というのはあったと思います。
__ 
近畿大学にはどんな思い出がありますか。
東  
もう4年間ずっと芝居してました。1年2年と授業公演がずっと、匿名劇壇に入ってからは授業公演と匿名劇壇と。
__ 
なるほど。そこで、福谷さんと出会った。
東  
1回生の時に、初めて福谷・松原・芝原と芝居をやったんです。その時から面白い人だなと思ってました。元々友達ではあったんですね。実は、匿名劇壇の前身となる劇団が結成されて公演したんですけど、私はそれは呼ばれてなくって。面白かったんですけど悔しかったです。でも私は呼ばれてないしなと。同期の友達の、最初の匿名劇壇メンバー。
__ 
それは悔しいな。
東  
でも自分から声も掛けられへんくて。悔しかったですね。その次の企画で声を掛けてもらえたんですけど。
__ 
それから、卒業後も匿名劇壇が続いているという事ですね。

タグ: 匿名劇壇のおこり