クルージング・アドベンチャー3 オオサカリバーフォーエバー編

__ 
さて、子供鉅人の「クルージング・アドベンチャー3」。大変な公演でしたね。子供鉅人のツアー型演劇、今回で2回目。出演されて、いかがでしたか。
山西 
僕は4月から子供鉅人に参加して、初めてがアドベンチャー演劇だったので。すごく刺激が強くて。
__ 
役者にとっても観客にとってもものすごい冒険でしたよね。私は昼の回も夜の回も拝見したんですが、どちらにも違う魅力がありましたね。
山西 
どちらの回が良かったですか?
__ 
私は昼の方が好きですね。
山西 
そうなんですか!どういう部分が。
__ 
もちろんどちらにもそれぞれの良さがあるんですけど、昼はその、お祭り感が凄かったです。川を下っている時、岸に面したBARのお客さんがこっちを見ていて、手を振ったりリアクションを取ってくれたりするその現場感が凄い。夜は夜で、演劇的な良さがあるんですよね。大阪城は出るし、風景が動いている感じがね。
クルージング・アドベンチャー3 オオサカリバーフォーエバー編
公演時期:2014/6/13~30。会場:大阪府大川(旧淀川)周辺。

タグ: ユニークな作品あります 子供鉅人 子供鉅人の街頭演劇アドベンチャー ツアー演劇の可能性


次の土地の子供鉅人

__ 
苦労したシーンはありますか。
山西 
全体的な話になっちゃうんですけど、環境の変化がすごくて。暑かったり寒かったり、雨が降りそうだったり色んな部分が。緊張感が無くなってしまわないようにと思ってました。
__ 
緊張感という点なら、シーンごとの差はすごいですよね。役を演じる演技と、ツアー演劇のコンダクターの演技。
山西 
僕は劇団員になって初めての公演だったので、単純に演技する上で勉強になった部分が大きくて。でも、またそれとは違う、アドリブのツアーをしているときの演技は別の意味で面白くて。
__ 
子供鉅人の役者って、ふつうは出来ないような、特殊な経験をしているんだなあと思うんですよ。劇場はもちろん、町家で芝居をするし、ツアー演劇もテント演劇もコントも音楽もイベントもする。演技のスタイルも回によって大幅に違う(それはもちろん、舞台に合わせているという部分は強いけれども)。
山西 
そうですね。大事にしている部分は毎回同じで、お客さんを楽しませるというところに尽きていると思います。退屈な時間がないようにというか。
__ 
クルージング・アドベンチャー3。私は一瞬たりとも退屈しませんでしたね。たとえ船着き場が渋滞していても。お客さんを退屈させない為に次々と新しい展開をし続けているということがあるのかな。その彼らが東京に行く。これまで、大阪という土地と強い結びつきを持っていた彼らが東京に行く。それも新しい展開の始まりでしょうね。
山西 
すごく楽しみです。僕は入って間もないけれど、すぐに東京に引っ越しで。そこから時間をあけずに劇場での公演で。
__ 
激流に次ぐ激流ですね。環境が変わっても、子供鉅人と言う船をメンバーが強く心に持っている以上大丈夫だと思うんですよ。
山西 
ありがとうございます。

タグ: 『東京』 出立前夜 ちゃんと楽しませる 子供鉅人の街頭演劇アドベンチャー 引っ越し 土地の力 半野外劇 ツアー演劇の可能性


もう一度、ダンジョン探検

__ 
実は「Lumiere Dungeon」、最初の方を見逃してしまいまして。劇場を回るツアー形式だったそうですが、どんな感じだったんでしょうか。
西分 
第一部は、お客さんに二手に分かれてもらって劇場を探検するんです。ダンジョンを探検する姉妹(私と小刀)と、警備員(山本・河原の二人組)のグループに別れて。「あなた達もダンジョンに行くの?そんな装備じゃ心配だから私たちが一緒に着いていってあげるわ」みたいな。警備員チームは新人研修という形で。お客さんに協力してもらって警備員達から隠れたり、追っかけたり。
__ 
めちゃくちゃ面白そうですね。
西分 
でもめっちゃ緊張したんですよ。打ち合わせしてる時はユニバみたいやとか言ってたんですけど、いざやるとものすごい緊張して、案内役の4人とも、これからまだ本番があると思うとぐったりしてました。楽しかったですけどね。お客さんとあんなに喋った事ないし。喋った分めっちゃ緊張しましたけど。多分、DVDには入ります。
__ 
良かった!楽しみです。お客さんも協力的だったんですね。
西分 
ホンマにそうでしたね。誰も全然乗って来なかったらどうしようと思ってましたけど、第一部も楽しんでもらえて、第三部の最初の移動も、想定してたよりめっちゃ早く動いてもらえて。時間が余っちゃいましたね。
__ 
そうそう。余った尺を、山本さんと竹村さんのフリートークが繋ぎましたね。
西分 
そうなんですよ。想定外の余り方で。ホンマにありがとうございました。
__ 
ツアー演劇、いいですよね。
西分 
結構、ウチは客席に絡む事もあるので。ある意味その究極的な形でしたね。再演はもう出来ないと思うんですけど、いつか別のダンジョンに行きたいですね。
__ 
素晴らしい。
西分 
今回は劇場さんの全面協力だったんですけど、普通だったら絶対怒られるような事めっちゃやってるんですよ。でも、優しく「いいですよ」と言って頂いて。何でもやらせてもらった感じです。
__ 
一番際どいプランは何でしたか?
西分 
客席の上を手すりを踏んで移動するシーンですね。あれは一応、全部養生テープを貼ってるんです。でも直前になって、「これはあかんちゃうの?」という事に気付き。でもどうしても、絵的にやりたかったので。許可は頂いたんですが・・・。本番も、小屋の方の視線にハラハラしてました。暖かく見守っていただいて。

タグ: ツアー演劇の可能性


京都ロマンポップ さかあがりハリケーンvol.7「ニホンノカビ」

__ 
さて、京都ロマンポップ「ニホンノカビ」お疲れさまでした。大変面白かったです。
玉一 
ありがとうございます。
__ 
まずは、とにかく俳優が魅力的でしたね。玉一さんはもちろん、肥後橋さん、高田会計さんと、一言で言うなら大変奇妙な熱演だったと思うんです。目に焼き付いています。
玉一 
いえいえ。今回は本当に、各自が生きる役割を与えられたなあと思います。演出からの要求はすごく難しくて、それでも、みんなが応えていけたんじゃないかなと。
__ 
魅力的でしたね。高田会計さんが良かったですね。オルテガが何度もキャラ変するのが凄かったですね。最初はクズだったのが、結婚すると別人のように落ち着いたりとか。それが戦場に戻るとやっぱり凄絶な戦士になって。
玉一 
そうですね。今回の作品を通して、改めて、いいメンバー達とやってるなあと思ったんですよね。これまではなかなかうまくコミュニケーションを取れなかったりしたんですが、福岡のコメディフェスティバルから京都での公演とずっとやってきて、ここにきて漸くお互いの特性が分かったような気がするんです。
__ 
なるほど、作品全体のまとまりの良さの正体はそれなのですね。俳優がとても良いと先ほど申し上げたんですけど、それはつまり舞台の時間においての生き方で、ここからここまで行ったら良くないとか、そういうタイミングと加減がいちいちセンスが良いんですよね。安心して見ていられる前衛劇というか。肥後橋さんはそれが超良くて、ぞわぞわかき立てられながら見ていました。その根底に、役者同士の雰囲気の良さがあったのかな。ちょっと納得しました。
玉一 
そうですね、そこを見せるためには。
京都ロマンポップさかあがりハリケーンvol.7「ニホンノカビ」
公演時期:2013/9/21~23(福岡)、2013/11/22(京都)。会場:H732シアター(福岡)、UrBANGUILD(京都)。
国際コメディ演劇フェスティバル
公演時期:2013/9/14~10/6。会場:H732シアター。

タグ: 訳の分からないボールの話 分かりやすい面白さと芸術的な面白さの中間 生きている実感 ツアー演劇の可能性 ターニング・ポイント 正体不明のエネルギー 前衛は手法から作る人々を指す