アプローチ

__ 
坪坂さんにとって、優れた俳優とは。
坪坂 
やっぱり、意図をすぐに汲み取れる人です。どの世界でも同じだと思うんですけど。その状況では何が求められているのか、何を選択するのが正解なのか、そこを鋭く理解出来る人は憧れます。きっと、アンテナを広く張っているんじゃないかと思います。僕は視野が狭くて、理解するのが遅れてしまうので。そのズレを何とかしたいです。
__ 
どうすればいいんでしょうね。
坪坂 
常に何かを提示していけば変わるのかなと思います。自分のアプローチをもって。「見」の人間としては、そこを何とかしたいですね。

タグ: 演技の理解、その可能性 稽古場の使い方・大阪・エンタメ系


片岡さんが面白がれる

__ 
片岡さんのショートコント公演と、竜崎さんの本公演。ミジンコターボの作品はこの二形態がありますね。それが奥の深さを感じさせているように思います。
片岡 
本公演とコント公演ではやり方が全然違うんですよ。台本も縦書きと横書きで違うし。何より本公演の方はテキストの量が比較にならないほど多くて、役者がセリフを全部言えるようになるまでは「セリフ返せ返せ、感情なんて後からついてくんねん」言うて。
__ 
コント公演の稽古では。
片岡 
やっぱり僕が書いて演出している分、外したくないポイントはあって。でもそこ以外は○○○にしてあって、日替わりのセリフという訳じゃないんですがあえて役者に委ねている部分なんですよ。
__ 
聞いたことがあります。片岡さんが面白がれるのがポイントなんですよね。
片岡 
あんまり良くないんですけどね。
__ 
何だかミジンコターボの稽古はしんどいけれど物凄く充実してるんだろうなあ、と思うんです。
片岡 
実は稽古以外の時間の過ごし方にも興味があって。ある役者さんが、自分の芝居にどうしても納得いかないと。帰り道が一緒な役者を誘って公園で稽古したというのを後で聞いたり。悩んどんなあと。そういうのって、いいなあと思いますね。

タグ: 情報量の多い作品づくり 稽古場の使い方・大阪・エンタメ系