gateユース IN SITU 「結婚しようよ」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願い致します。gateユースでのIN SITUの上演、「結婚しようよ」とても面白かったです。お疲れさまでした。最近はいかがでしたか?
大石 
ありがとうございます。3月の末まで、京都造形大学主催の演じるシニア企画の演出助手をしてまして。年明けから忙しかったんですが、ようやく落ち着けそうです。
__ 
ありがとうございます。さて、IN SITUの「結婚しようよ」大変面白かったです。元々ドタバタ劇である原作、チェーホフの「結婚申込」を、本当に下らないドタバタの笑いに仕上げた感じですね。肥後橋さんの芝居が好きなんですけど、彼の演技と顔芸がもの凄く良かったです。
大石 
ありがとうございます。
__ 
IN SITUは前回公演も近代の海外戯曲を上演されていますね。その、翻訳劇につきまとう、口語ではない故のまわりくどさや、掛け合いのリズムが崩れる、あれが気になるかと思いきや、今回はそうでもなかったですね。
大石 
前回の「ロング・クリスマス・ディナー」はあまりにも戯曲に寄り添いすぎてしまおうと、まじめにやりすぎて堅くなってしまった、という部分があったと思います。この表現にはどんな意味があるのか、細かく作り込みをしよう、とか。一方で僕はくだけた表現も好きで、京大のNFとかではすごく下らないものをやっていて。今回は自由なやり方に振り切って海外戯曲をやりたかったんです。
IN SITU
ラテン語で「あるべき場所」という意味で、イン・サイチュと読む。大石達起が、劇団ケッペキ卒団後に自らの新たな表現の場として立ち上げる。主に近代の海外戯曲を上演し、そこに描かれた普遍的な人間の生活、人と人との繋がりを現代に復活させる事で演劇の、あるいは自分自身の「あるべき場所」を追求する。(こりっちより)
パイロット版シアターシリーズ「gateユース」
公演時期:2014/4/17~20。会場:KAIKA。
IN SITU「ロング・クリスマス・ディナー」
公演時期:2013/12/13~15。会場:京都市東山青少年活動センター。

タグ: 翻訳劇の口語問題


まわりくどい冒険

__ 
今回、チェーホフ原作「結婚申込」を選んだのは?
大石 
何をやろうか考えている時に、オニールの短編を読んでみたんですが、その、強度が強すぎてどうしようもないなと。それを25分で上演するのはとても難しいし、しかし崩すことも出来ないなと。チェーホフの作品はいい意味で軽いし、くだらなさというところもあって。短編の中で、コンパクトで短い点に惹かれたんです。話がまとまって崩されてを繰り返す構成で、僕のやりたい作り方が出来そうだと。
__ 
実際やってみて、いかがでしたか。本日の上演を経て。
大石 
僕は面白いと思ってたんですけど、実際はどうか分からなくて。でもフタを開けてみると温かく迎えて頂けました。
__ 
出演されている方々の表情に、お客さんが乗っていけてる感じがありましたね。
大石 
そうですね。始まる前に音響でインターナショナルが鳴って、照明が付いたら肥後橋さんが腕立て伏せをしてる。そこでいかに古典戯曲とされる作品への緊張感をほぐせるか。割と狙い通り出来たんじゃないかなと思います。
__ 
なぜ身構えるのかと言うと、単に海外の言葉遣いだけじゃなく、常識や間合いの取り方を受け入れるのに抵抗があるだけでしょうね。逆に、日本の常識内の対人的な間合いやリズムで書かれたら、物語の舞台が海外のどこであろうと平気ですから。
大石 
前回公演の「ロング・クリスマス・ディナー」の時にそれを感じましたね。アメリカの近現代戯曲なんですが、向こうの人たちがばさっと言い切るような台詞を僕ら日本人は感情を組み立ててお互いの反応を見ながらさぐり合って会話するんですよね。今回はまわりくどさを逆手に取って面白さにする、みたいなのも狙っていました。結果はどうだったのかは、また別の話ですが。

タグ: 日本人の美意識 舞台が始まる直前の緊張感 翻訳劇の口語問題