iaku vol.2「エダニク」4都市ツアー

__ 
今日はどうぞ、宜しくお願い致します。最近、横山さんはどうでしょうか?
横山 
いまはちょっと、ぼんやりとしています。本当はいけないんですけど。
__ 
というと。
横山 
今、「エダニク」の4都市ツアー公演中で、12月の福岡公演が終わったところなんです。1月26・27日にまた三重で上演するんですけど、同時並行でサキトサンズのツアーもあって。公演のはざまの時間がものすごく長く感じてしまって。本当は6月の新作の準備と、一本小説を書かないといけないんですけど。それをだらだらと進めてしまっていて。次の本番週になったら、急にぞわっとすると思います。稽古が始まって、いきなり自分の時間が無くなってしまうという事に焦ってしまいそうで。
__ 
分かります。休みの日の昼下がりは不安ですよね。時間は無限ではないという事が13時ぐらいに分かってきてしまう。
横山 
スケジュールを見ると決して暇じゃないんですよ。ワークショップをやってたり戯曲講座をやってたり、色々と打ち合わせもあったりして、それで一日が終わっていくという・・・。
__ 
ヨガの「サンカルパ」というワークなんですけど、世界に向かって、自分が起こす行動を決意して宣言すると精神的にとてもリラックスするそうです。私も最近やっていますが、よく眠れて、やりたい事がハッキリしますよ。
横山 
なるほど。僕の高校時代の友人にコーチング等のカウンセラーがいるんですけど、一年に一度くらい会って相談しているんですよ。今の自分の仕事の展望とか悩みを。この間言われた事があって、「気に病んでいる事をこの紙に書き出しなさい」って。で、やってみると、そこに自分が向かっていくんですよね。
__ 
あれはとても効果が高く簡単で、そして中々手が出ない方法ですよね。
横山 
例えばちょっとした行き違いがあった人がいて・・・という事を書いたら「すぐ電話して」と言われて。その場で電話して、飲みに行く約束をしたんです。そしたら解決したんですよね。最も簡単な解決方法=すぐやる事なんですよね。
iaku[いあく]
大阪を中心に活動する劇作家(脚本家)・演出家、横山拓也が主宰する演劇ユニット。(公式サイトより)
iaku vol.2「エダニク」4都市ツアー
公演時期:2012/12/8~9(福岡)、2013/1/26~27(三重)、2013/2/22~26(東京)、2013/3/7~10(京都)。会場:ぽんプラザホール(福岡)、津あけぼの座(三重)、アトリエ・センティオ(東京)、アトリエ劇研(京都)。
宮川サキ+Sun!!二人芝居 サキトサンズ
sunday・宮川サキとミジンコターボのSun!!による二人芝居ユニット。「梨の礫の梨」(作・演出は横山拓也)を2012~各地で上演中。

タグ: ユニークな作品あります ヨガの話題 津あけぼの座


三都市ツアー2012『短編集:仇野の露(あだしののつゆ)』

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。さて、2012年には「仇野の露」の全国ツアーですね。
阪本 
はい、2月3月と、三重、舞鶴、岡山に行きます。
__ 
頑張って下さい。
阪本 
はい。幅広い年代のお客さんに来て頂きたいですね。
__ 
初演を京都で拝見したんですが、烏丸の作品としては、取っつきやすいという印象があります。
阪本 
そうですね。どんな環境に置かれている人でも、共感したり心が動くようなものを作りたいですね。圧倒的な何か、ではなく。
__ 
というと。
阪本 
もちろん前衛性の度合いが高い芸術作品には大変価値があると思うんですよ。でも、私たちがやるのはそこではないなと思っていて。普段の生活に密着したものの方が、お客さんが受け止めやすいんじゃないかなって。それは、笑いを取る作品のことでもなく、単純な作品を作るという事でもなく。生活で抱えているもやっとした何かを、表現したいと思いますね。
__ 
なるほど。
阪本 
見て、「はー面白かった」というような感想は出ないかもしれないです。
__ 
そのぶん、受け止めやすい感覚があるんですね。
烏丸ストロークロック
1999年、当時、近畿大学演劇・芸能専攻に在学中だった柳沼昭徳(劇作・演出)を中心とするメンバーによって設立。以降、京都を中心に、大阪・東京で公演活動を行う。叙情的なセリフと繊細な演出で、現代人とその社会が抱える暗部をモチーフに舞台化する。(公式サイトより)
舞鶴・津・岡山 三都市ツアー2012 『短編集:仇野の露(あだしののつゆ)』
舞鶴公演・公演時期:2012年2月19日。会場:まいづる智恵蔵。津公演情報・公演時期:2012年3月9日~11日。会場:津あけぼの座スクエア。岡山公演・公演時期:2012年3月17日~18日。会場:上之町會舘。

タグ: 繊細な俳優 津あけぼの座


たわごえについて


__ 
さて、正直者の会について少し伺っていければと思います。最近は戯声(たわごえ)シリーズが展開中ですね。
田中 
こないだ上演した「設計‐発掘」が2作目ですね。
__ 
「戯声」。表現手法としてだけではなく、そのものテーマとしても非常に興味深いですよね。改めてですが概要について伺えないでしょうか。
田中 
思いっきりかいつまむと、いわゆるキャラクターとストーリーがある演劇というよりは、アカペラライブぐらいのイメージです。でもアカペラ歌手ほど僕らは音感とか歌唱力がない。代わりに、俳優として言葉を使った表現が出来るし、そこから、身体の後ろに広がっている背景とか、その人がどう思っているかとかは表現出来る。演劇的な素材を使っているライブ、というイメージです。
__ 
情景が豊かにイメージ出来る点が「戯声」の大きな可能性だと勝手ながら考えています。一作目「スナップ/スコップ」で、砂浜とコップという二つの情景が重なっていって、そこから具体的なイメージが、一気にバアッて拡散するのがとても刺激的でした。いくつもの、映画的に美しいシーンが言葉で表現され、それらが同時に重なるように扱われているようで。混乱すると同時に鳥肌が立ちました。前衛的というのは、こういう事なんだろうなって。
田中 
やり始めると可能性ばっかりで。縛りがないので、地図が書けないんですよ。上手く行ったときも何が良かったのかを分析しないといけない。その分析を積み上げないと方法にならないから。
__ 
それも難しいでしょうね。・・・。実際は私は、演劇作品が演劇としての価値を得るには、まず観客席と舞台が一緒になった状態を持つ必要があると思っているんですよ。これは本当に使い古された表現ですけど、軽く思っている以上におおごとではないかと。
田中 
同じ事を言ってるかどうか自信はないけど、理想的には魔術であったりとか、祝祭であったりとか。語られる事の理解だけで終わるのではなく、語られた内容だったり理解する事だったりが力を持つようにはしたいなと常に思っています。
__ 
分かります。劇場が、舞台作品だったり芸術の発表会場を越えて、群衆がデマゴギーに扇動されてしまうような一瞬のような。
田中 
そういう事が出来たら素敵やね。
「スナッ プ/スコップ」
公演時期:2011/7/8~7/10。会場:西陣ファクトリーGarden。
「設計‐発掘」
公演時期:2010/11(京都)、2010/12(三重)。会場:西陣ファクトリーGarden(京都)、津あけぼの座(三重)。

タグ: 背景が浮かびあがる 観客との関係性 津あけぼの座


正直者の会「スナップ/スコップ」

__ 
私が古野さんを初めて舞台で拝見したのは、正直者の会の「スナップ・スコップ」という作品でした。正確ながらも、どこか端々に新鮮さのある芝居をされるという印象があります。
古野 
ありがとうございます。
__ 
会場は西陣ファクトリーガーデンでしたよね。
古野 
あそこは凄くいい空間ですよね。
__ 
ご自身にとってはどんな作品でしたか。
古野 
田中遊さんがブログで書かれていますけど、中々、何が生まれているか分からない稽古の仕方だったんですよ。だめだしの時に、よく分からないという話をみんなでしていました。それでも、西陣という劇場の雰囲気にあう作品になったと思います。
__ 
そうですね。海や時間や、広大なものを飛び越えていく想像力が主役の作品だったと思います。それがあの西陣の小屋で行われていたのが新鮮でした。
古野 
演劇って、やっぱり脚本があってその物語が大きな柱になると思うんですよ。役者は、少なくとも僕はそれをどう見せようかと考えてしまいがちなんですけど。そこではなくて、役者の体であったり声であったり、そういう部分から攻める作品だったなあと。
__ 
なるほど。
古野 
その、体から出てくるものこそが見るべきものじゃないかなと思うんです。舞台上でも、涙を流す演技じゃなくて、ほんまに泣いていた方がお客さんも胸を打たれるんじゃないかって。
__ 
実際に泣いている人と泣いている演技は違う。
正直者の会
田中遊氏を中心とした演劇ユニット。
正直者の会「スナップ/スコップ」
公演時期:2010年11月。会場:西陣ファクトリーgarden(京都)、津あけぼの座(三重)。
西陣ファクトリーガーデン
京都市上京区。アーティストによる共同アトリエ・スタジオとして運営するアートスペース。

タグ: 津あけぼの座


vol.163 古野 陽大

フリー・その他。

2011/春
この人のインタビューページへ
古野