サーカス

__ 
さて、平林さんが所属されているsundayの主宰、ウォーリー木下さんについて。もちろん「友達」の演出でもありますが、平林さん個人にとってはどんな方ですか?
平林 
怖い人ですね。
__ 
怖い!?どういう部分が。
平林 
S的な部分がありますね。いやそんなに怖くないんですけどね(笑う)。
__ 
東京での仕事も増えてますよね。今後、どうなっていくんでしょう。
平林 
あれじゃないですか、サーカスを始めたらいいんじゃないかと言ってます。木下サーカス。
__ 
まさに木下サーカスですね。
平林 
まあ、特殊な事はしているけれども、間口の広いところに行こうとしていて。それがどんどん広がっていったらいいんじゃないかと思いますね。

タグ: ウォーリー木下


sunday play日本の名作#2「友達」

__ 
今日はどうぞ、よろしくお願いします。平林さんは最近、どんな感じでしょうか。
平林 
最近はsudayの次回公演、「友達」の稽古ですね。公演は7月11日から。もう再来週ですね。
__ 
凄く楽しみです。安部公房の傑作「友達」。平林さんは主人公の家に押し掛けてくる一家、の父役を演じられるんですよね。「善意」がキーワードの戯曲だと思うんですが、ズバリどういうポイントを大事にして演じられたいと思われますか?
平林 
議論をたくさんする作品なんですけど、いい案配でお客さんまで納得させて、共感させるようになればいいなあと思ってます。
__ 
議論と説得力・・・そういえば、ウォーリー木下さんの作品で台詞のある芝居は久しぶりに拝見します。今回の作品、ウォーリー演出ならではのお楽しみポイントを教えてください。
平林 
そうですね、振り付けだったり音楽だったりはもちろん魅力なんですが、あるシーンでイメージがぽんぽんと切り替わっていくのがあって。振り付けと演技の区別が付かなくなるかもしれません。そもそも、この芝居における「振付」が一体どういう事なのか、今から楽しみにしてほしいです。
__ 
振り付けは冨士山アネットの長谷川寧さん。主演も務められるんですよね。とても楽しみです。意気込みを教えてください。
平林 
なんか、カラッとした感じになればいいなと思います。みんなが幸せになるお話じゃないですが、それも悪くないな、って思ってもらいたいかな。押し付けがましくなく演じられたらいいなと思います。
sunday
2004年、劇団☆世界一団、第1期終了。ふたつのinterludeを経て、sundayに改称。「今面白いと思うことを、遊びながら作る」というメッセージ性の少ないカンパニー。しかしその現代性とファンタジー性が融合した世界観は、ポップでありながら実験的。物語とパフォーマンスの絶妙なバランス、そして実力派の役者たちによる見応えのある演技は、公演回数が少ない割には確固とした評価と動員を得ている。目指すは「世界一おもしろい演劇部」。(公式サイトより)
sunday play日本の名作#2「友達」
公演時期:2014/7/11~14。会場:AI・HALL(伊丹市立演劇ホール)。

タグ: ダンスと振付 ファンタジー ユニークな作品あります 次の公演 世界観の作り込み ウォーリー木下


スタートラインを生み出す

__ 
個人的な予測ですが、これから5年を掛けて演劇をやる側の人口がかなり増えるのではと考えています。もちろん、今も表現を志す若手は沢山生まれています。出来れば、そうした人たちに何か一言頂けますでしょうか。
横山 
これは若手だけではなく僕らへの戒めなんですけど、やっぱり真似したいと思える作品に出会わないといけない。そして、真似される作品を作らないといけないんですよね。
__ 
真似したい作品?
横山 
面白いものを見て、「これ僕もやりたい!」と思った瞬間に、多くの人達がスタートを切ってきたんですよ。それでいいと思う。そういう作品に出会ってほしいし、僕らもそういう作品を作らないといけないんです。それには、分母が多くないと。
__ 
例えば。
横山 
僕がもし若手だとしたら、ウォーリー木下さんが作・演出を務めるsundayさんを真似したいと思うんじゃないかな。牡丹灯篭では舞台セットに竹を舞台上に吊るしていましたね。最初はびっくりするんだけど、その興奮は10分ぐらいで慣れてくる。「もし俺だったら、もっと凄い使い方をして遊んでやるぜ」という人が出てきたら面白いと思います。そういうインスパイアが次々と派生していって、そこからオリジナリティが生まれていく。僕の会話劇を見ても、「もっとエグいところを突いてやろう」とか、言葉のチョイスとかもっと磨きたい、と思ってくれる若手がいてほしいですね。
__ 
スタートの瞬間をもっと沢山作る。潮流が生まれて、影響しあいながら大きくなっていく。それはまさに、同時代での表現活動の肝ですね。お互い影響しあっていけるような場所が小劇場だと思っているので、大切な事だと思います。
横山 
交流があると面白いんですよね。僕も作家同士の会合に参加したりして、自分の幅を広げる事の必要性を強く思っています。
sunday
大阪を拠点に活動する劇団。第二期・劇団☆世界一団。作・演出はウォーリー木下氏。
メイシアター × sunday「牡丹灯籠」
公演時期:2012/3/8~11。会場:吹田市文化会館 メイシアター 小ホール。

タグ: ウォーリー木下


質問 ウォーリー木下さんから 藤原 ちからさんへ

__ 
前回インタビューさせて頂きました、ウォーリー木下さんから質問を頂いて来ております。「お芝居を批評するとき、好き嫌いで発言する事を良しとしますか?」
藤原 
良しとしません。もちろん僕も人間だから好き嫌いはあります。観に行く公演をチョイスする時には幾らか影響するかも。でも、何かを見た時には言葉を尽くしたい。作品の作り手も本気なわけだから。「好きだから面白かった」「嫌いだからつまらなかった」みたいに言葉というものを軽んじて使うことはできないですね。

タグ: 批評の果たすべき役割 ウォーリー木下


「見て見て!」と耳打ち

__ 
仕組みを作るのが好きとは。
木下 
僕は小さい頃から、自分が前に出て何かをするタイプではなくて。誰かに「こういう事したらみんなびっくりするで」って耳打ちしたりとか、誰かにやってもらうのが凄く好きなんですよ。自分がやると上手くいかない。格好悪いし、バレバレだし・・・。サプライズ誕生日とか、あるじゃないですか。
__ 
ありますね。
木下 
演劇の現場だと、演出家が怒りだして事前の打ち合わせ通り誰かと喧嘩し始めて、いきなり電気が消されてロウソクの点いたケーキが出てくるとか、僕がやるとバレるんですよね。実行犯じゃなくて、やり方を考えるのが楽しいというのが子供時代からあります。
__ 
それがウォーリーさんの初期衝動だった?
木下 
僕の初期衝動。そうですね、そうだと思います。自分で上手くこなせるのなら自分でそうしていたと思うんですけど、不器用だし顔にも出るし。世の中それが上手い人がいるんですよ。そういう人をちっちゃい頃から嗅ぎ分ける力もあって、人を集めてきた部分はありますね。
__ 
なるほど。
木下 
喋っていると、色々思い出しますね。子供の頃、テレビで面白いのがやってると台所で料理している母に「おかあさん、これおもしろいよー」って言うんですよ。でも手が放せないから「うるさい」って言われるんです。それが、すっごい腹立つんですよ。なんでこんな面白いのを見に来ないんだ、と。
__ 
それは凄く分かります。
木下 
でも、その時の体験が今思うと大事だったんだなと思いますね。20代の頃の彼女もそんなだった。世の中の人は、僕が面白いと思うものをそれほど興味ないんだなって事が分かりました(笑う)。だから、自分が何かを作るときも、基本的にはそれほど興味を持たれないと思った方がいいと。やっぱり、「見て見て!」だけじゃ駄目なんです。

タグ: サプライズ・ドッキリ ウォーリー木下


狙う

__ 
今後、目標にしていきたい事はありますか?
3号 
やっぱり、社会的に認められたいですね。今まで割りと自分の事だけで精一杯だったんですけど。最近、地底人が社会派だと言われてきて。それは何故かというと、僕の方向が自意識から外の世界に向いてきているらしいです。それを見ているお客さんが、僕らの芝居を鏡のようにして自分自身を見てくれる。そういうふうに、せっかく、芝居が外に向いてきているので。
__ 
ええ。
3号 
何かもっと、社会貢献じゃないですけど・・・なんていうのかな。機能したいですよね。個人でやって、内輪で「いい芝居だったね」じゃなくて。これは僕の好きな押井守監督が言ってたんですけど、やっぱり社会から反響を得たいんですよね。影響を与えるのはきっと難しいですけど。
__ 
単純に見てもらいたいというだけじゃなくて?
3号 
社会の地続きで芝居していたいと思うんです。そこだけに自己完結しているんじゃなくて。そういう環境は、まだ京都にはないんじゃないかなと。劇場に来る人は来るけど、知らない人は多分、ずっと触れないままだと思うんですね。
__ 
お客さんがいないという事はないんですけど、少ないのは悔しいですよね。ユニークな劇団や作品がたくさんあるのに。
3号 
それには、割と閉じられた演劇を作っている人が多い、分かる人には分かるみたいなのが多いからかもしれないなと。僕はもちろんそういう芝居は好きなんですけど、間口が広い芝居を作りたいですね。地底人は割りとその辺を狙ってこれまでやってきたんです。何かちょっとおかしな事をやっていながら、ちゃんとお客さんに分かるような。
__ 
分かります。
3号 
そういう事を成立させてやっているのが、僕の知る限りsundayしかないんじゃないかと思うんです。凄く演劇的な事をやっているのに、間口が広いんですよね。ちなみにウォーリー木下さんには、今回のチラシにメッセージを頂きまして。すごく励みになって。
__ 
sunday。私も好きです。小劇場がベースにありながら、不特定多数向けというか、とにかく見やすいんですよね。
3号 
sundayは凄いですよ。作り手が見ても凄い事をやっているのにも関わらず、ポピュラリティを持っているって。普通ああいう事をしたら、一般のお客さんはよくわからない事になると思うのに。その辺りはピンク地底人は狙って行きたいですね。
sunday
大阪を拠点に活動する劇団。第二期・劇団☆世界一団。作・演出はウォーリー木下氏。

タグ: 外の世界と繋がる 内輪ウケの・・・ 地続き ウォーリー木下