いつから

_  
今日はお忙しい中、申し訳ありません。
谷  
いえいえ、宜しくお願いします。
_  
こちらこそ、宜しくお願いします。今日はですね、谷さんがお芝居にどう関わってきて、今後どうなっていくのかを伺いたいと思いまして。まず、お芝居を始められたのはいつからなのでしょうか。
谷  
ええと、中学校の学芸会みたいなので毎年立候補していたんですけど、楽しくて高校演劇もやっていました。
_  
3年間、ずっと。
谷  
はい。短大時代は一応サークルにはなんとなく入ってたんですけど、きちんとお芝居を始めたのは南船北馬一団に入ってからですね。それまで一応、ワークショップに行ってたりもしてたんですが。
_  
南船北馬一団noteでは、何年活動をされていたんでしょうか。
谷  
6年ですね。
_  
初めて南船の舞台に立って、どんな感じでしたか。
谷  
高校の頃同じ部活に入ってた子が一緒の舞台で、その頃と一緒の感覚でやってたんですけど、共演の方がやっぱり上手くて、こういう人達と一緒に芝居できるんだったら楽しいやろうなと。
_  
なるほど。それから、地点の作品に出演されるようになる訳ですけれども、地点へはどんな感じで関わられたのでしょうか。
谷  
初めは、橋本裕介さんからお電話頂いて。面白いお芝居があるから観に来ないかと言われて。それが地点だったんですよ。実はその1年前には三人姉妹を観ていて、「面白いところがあるなー」と覚えていたんですね。橋本さんと後で、あ、知ってたんだという話になって。で、その後橋本さんから電話が掛かってきて「今度三浦さんが京都に移ってくることになって、関西圏の人と知り合いたいからオーディションやるんだが来ませんか」と言われて。そこからですね。
note地点
代表・演出、三浦基による特異な表現による硬質な劇空間が特徴。洗練された俳優陣、高度な舞台美術、分断されて文節どころか音節ごとに再構成されたテキストなど、強い印象を残す。
note南船北馬一団
大阪の劇団。現在はユニットとして活動。

タグ: 学芸会

先日の

_  
先日の「話セバ解カル」note、物凄い着物が似合ってました。
谷  
本当ですか、ありがとうございます。
_  
非常にキレのある演技で、爽快でした。ご自身で、舞台に立っていかがでしたか?
谷  
そうですね。上演までに色々紆余曲折があったんですね。どうしたらいいんだろうなと思いながら。着物がインパクトあるというのは観に来てくれた方からたくさん伺っているんですけど。
_  
インパクト。そうですね、絶叫というか。びっくりしましたね。
谷  
他のかたにも、声がメチャでかく感じたとか言われました。
_  
あとは、今回もこれまでの地点と同じく、三浦さん的な演出があって。日本語を変なところで区切ったり、独特なニュアンスを作ったりしていて、非常に面白かったんですけれども。稽古場でどのような作り方をされているのでしょう。
谷  
うーん。何かね、三浦さんが全部あれを作っている訳ではなくて。演技を付けられる場合もあるんですけれど、全部が全部ではないですね。たまに変な口調が役者から出てくると、「それやってみて」って言われるんですが。それからもうずっと繰り返しですね。5分ぐらいのシーンを1日かけてずっとやってるみたいな。
_  
反復練習ですか。
谷  
自分のシーンでなかったら、何もアクションを起こさなかったらずっと固まってる感じですかね。
_  
繰り返しの中で出てきたアイデアを拾っていく、みたいな。
note地点2008年公演「話セバ解カル」
公演時期:2008/01/25~2008/01/27。会場: ART COMPLEX 1928。

タグ: 衣裳・時代物 反復の生むもの

今まで

_  
一つの作品に関わる上で、稽古での進め方ですとか、何かご自身で大切にしていることはありますか?
谷  
何でしょうか。何か、相手の人がやりにくくなったら嫌なので、そうならないようと思っています。
_  
相手役の演技の邪魔をしない。
谷  
そうですね、ひょっとしたらもう邪魔をしていたのかもしれませんが(笑う)。でも、そうならないようにとは気を付けています。
_  
自分が自分が、にはならないように、という。
谷  
上手い事みんなと、なればいいなあと。
_  
では、今まで一番上手く行けたというのはあります?
谷  
いや、今まで一度も「全然ダメ」っていうのはなくて。出演した所全部、楽しくさせて頂きましたし、色んなものを得ましたし。何も得なかったものはありませんでした。
_  
それはいいですね。
谷  
はい、良かったです(笑う)。これは一番。

目が覚めるような

_  
今後、谷さんはお芝居を続けていく中で、どうなっていきたいですか?
谷  
今まで、何も得なかったものはないし、楽しかったんですけども、「これこそは」みたいなのに出会えたらいいなと思ってますね。自分が納得出来る作品というか。
_  
例えば、そういった作品をご覧になったことはありますか。
谷  
あ、地点の「三人姉妹」noteの作品がむちゃくちゃ面白くてびっくりしました。
_  
それは、どういったところが。
谷  
「三人姉妹」は見た目も凄くて、ああいう演出でやっている所もないし。古典を読まなくても雰囲気で解ったような気もしていて、かつ押し付けがましくなく感じたんですね。清流劇場も同じようにとても解りやすくて。昔の話なのに共感出来たというか、例えば泣いているから悲しさが伝わるんじゃなくて、ただ歩いているだけなのに、何かちょっと、自分をそこに映して見てしまったというか。
_  
リアリティ。
谷  
そうですね、それがあるような気がしました。
_  
目が覚めるような新鮮さがあるとか。
谷  
はい、そうですね。
note地点2004年公演「三人姉妹」
公演時期:2004年11月10~21日。会場:。
note清流劇場
1991年より清流劇場の前身となる無添加有機物劇場の活動を開始。1995年までに5回の本公演を重ね、1996年1月に清流劇場として改組設立する。現在までに20回の本公演を行っている。近年は劇場提携公演や劇場の企画公演への参加も多く、また利賀演出家コンクールなどを通じて、海外戯曲に取り組むなど、意欲的に活動の輪を広げている。(公式サイトより)

次も

_  
次の谷さんの出演作品は。
谷  
次も地点ですね。
_  
あ、確か岡嶋さんも出るんですよね。
谷  
そうです、そうです。あと、砂連尾さんnoteと。
_  
岡嶋さんが地点ってのが面白いですね。
谷  
私、岡嶋さんって凄いなと思って。私、昔の岡嶋さんの芝居を見た事があって。「総理」の。
_  
「総理 保科仙吉」noteですね。
谷  
あれ凄いっすよねえ。
_  
ええ。
谷  
あれを生で見たかったんですけど、ビデオであんだけ凄いねんから。ビデオのちっちゃい姿で、あれだけ引き付けるって。うえええって思いましたね。
_  
実は私も最近、ある人の芝居をビデオで拝見する機会があって。広田ゆうみさんnoteなんですけれども。ハンディカメラの、顔も見えないぐらいちっちゃい映像で、ものすごい引き付けられるんですよ。それって結構凄い事だなと思って。
谷  
ゆうみさんもいいですよねー。
_  
あの人は凄いですよね。
谷  
私は芸センの企画で初めてお会いしたんですけど、あの時に凄い人いてんねんなと思って。で、正直者の会で一緒にやれる事になって、やったーって。しかも喋ったらめっちゃいい人やったし。面白いし、可愛いし。
_  
繊細な感じも、迫力も出せますしね。
note砂連尾理氏
京都を中心に活躍するコンテンポラリーダンサー。1991年より共同で活動を開始。公演活動だけでなく、ワークショップ・教育などアウトリーチ活動も活発に行う。
note劇団衛星4月興行「総理 保科仙吉」
公演時期:1999年04月16~29日。会場:アトリエ劇研(京都)、シアターポシェット(神戸)。
note広田ゆうみ氏
京都を拠点に活躍する女優。このしたやみ

タグ: アウトリーチ 広田ゆうみさん

六花亭「六花のつゆ」 他お菓子

tani
_  
今日はですね。谷さんにお話を伺えたお礼にプレゼントがあります。
谷  
え、何か頂けるんですか?
_  
ええ。
谷  
えー、すみません。
_  
どうぞ。
谷  
わあ、何かいっぱいある。凄い、ちょっとこんなに貰ってもいいんですか?
_  
いえいえ。それはですね、北海道の六花亭というお菓子屋のものですね。
谷  
へー。可愛らしいですね。一つ食べます?
_  
あ、ありがとうございます。
谷  
あと、この缶は・・・?
_  
それがイチオシですね。
谷  
え? 飴ですか?
_  
ウイスキーボンボンですね。
谷  
(食べる)あ、おいしい。私お酒好きなんですよ。完璧ですね。

(インタビュー終了)