キッチン

__
どうぞ。
保田
(入る)うわーめっちゃいいにおいがするー。
__
あんま片付けてないんですけど・・・
柳川
(入る)すげっ・・・すげぇ。
保田
なんかスダレがひいてあるー。
__
あ、どうぞおかけになって下さいな。
柳川
わーい。
__
いやーもうね、準備に疲れて話す気力ないっすよ。あ、ちょっと待ってていただけますか?(皿を洗う)
柳川
なんか香辛料いっぱいあるな。
__
ええ、もう一メーカーに統一したいんですけどね。
柳川
あ、そういうのあるよな集め始めると。昔俺カラーインク統一してん。色々メーカーあって。
__
えっと・・・箸置き1つしか見つからないから保田さんだけで。
保田
あ、いいですよ別に。
__
あ、準備出来ましたんで、どうぞ。座って下さい。
柳川
じゃぁ、一番坐り心地よさそうなソファに。
__
どうぞ。
柳川
しかし・・・いい感じの部屋やね。
__
ありがとうございます。
柳川
ドアとか自分で塗ったん?note
__
はい、まあ。
保田
すごーい。
__
あ、お酒とか、飲まれます?
柳川
あ、別にいいや。
保田
あ、わたしも・・・
__
じゃあ、僕もいいや。はー。じゃあ、いただきましょうか。
柳川
あ、いただきまーす。
保田
いただきまーす。
__
これ(エノキダケのペースト)noteは、あんまりおいしくないと思うんですけど。
柳川
そんなもんあんねや。
__
あ、カンパンにつけて食べて下さいな。
柳川
おお・・・(二人食べる)
__
ちょっとすっぱいかな?
柳川
いや、おいしいおいしい。
__
あ、よかった。
柳川
よー作れるな、感心するわ。
note赤ドア
ドアを赤ペンキで塗ってた。今考えると理由が分からない。
noteエノキダケのペースト
エノキダケをミキサーにかけ、弱火でコンソメと火を通し、火を止めたらサワークリームと和える。エストラゴンで風味を付け、クラッカーなどに塗っていただく。

痴漢

保田
あー、お腹いっぱいやー。
__
お粗末様でした。お皿下げちゃいましょうか。
柳川
ごちそうさまでした。
保田
そうや、私昨日携帯変えたんですよー。
__
マジで?
保田
写メール出来るんですよ。
柳川
ああ、すごいっちゃすごいけど無駄な機能やなー
保田
(撮る。カシャッ)
柳川
あ、音が出るんねや。
__
あ、あれは痴漢対策なんですよ。
保田
え?
__
電車とか、満員の時って、携帯を持った手がスカートの下に入ってても気付かれないじゃないですか。そういう盗撮に悪用されないための機能なんですよ。
柳川
その音は絶対消せないの?
__
僕のは消せなかったですよ。
保田
へー。知らなかった。
__
ところで保田さんって、どうして星衛に入団したの?。note
保田
えー、思い付きですよー?
__
マジかよ。
保田
ただ発声を習いたかったんですよ。
__
ああー。蓮行流ですね。note柳川さんは高校演劇から始められたんですか?
柳川
いや、大学2年からやね。
__
あ、高校にはなかったんですか。劇部。
柳川
あったな。劇団なまず。
__
なまず!?
柳川
劇部が劇団なまずっていう、もうちょっと考えろよお前らよーネーミングよーみたいな名前やったな。
__
なまず入りてー。
保田
えー。
note星衛
劇団衛星の2軍という位置づけの劇団。解散までに何度かの公演を行う。このインタビューの実施は解散公演の直前。
note蓮行流
衛星代表・蓮行氏の開発した劇作術の総称。ここでは発声法を指す。低音での発話を旨とする。

随筆

__
もう時間もいい頃ですね。最後に。保田さんの新コーナー、どんな内容になるんでしょう?
保田
えー、随筆かなー。note
__
おー。まあ今衛星個人コーナーの70パーセントくらいが随筆ですからねー。
保田
あー。
__
俺絶対随筆書けないなー。
保田
いや逆に私も対談なんて絶対無理やわー。

(インタビュー終了)